984話 大阪散歩 2017年春 第23回

 レトロビル巡り

 大阪に来た旅行者は何を見るのだろうか。USJ海遊館(水族館)と、新世界や道頓堀周辺を散歩して買い食い。タコ焼きとお好み焼きを食べて、何か買う。これが大阪観光入門編第1課だとすれば、第2課は美術館や博物館巡り。これが中級編となると、古いビル巡りが加わる。ちょっとしたガイドブックには、古いビルの解説が出ている。
 私は建築物を眺めているのが好きだから、散歩の途中見つけたビルを眺め、撮影したこともあれば、建築資料を読んで、街に探しに行ったこともある。今回は、建築図鑑ということにして、詳しい解説はネットなどにゆだねることにする。
 散歩の途中、道路の向こうに見えたレンガの建物は、大阪市中央公会堂。正面写真はよく見るが、このアングルはあまりない。こういう風景も大阪なのだが、マスコミはグリコの看板の方を好む。
 

 この建物も、散歩中に出会った。ちょっと気になったので一応写真を撮った。あとで調べたら、辰野金吾が設計したオペラ・ドメーヌ高麗橋だった。予感は当たっていた。



 北浜レトロビルヂング。カフェになっていて、行列ができている。

 高麗橋野村ビルディング。まとまりのいい姿。設計は安井武雄。

 生駒ビルヂングとその一部。このビルは、細部の観察が楽しい。

 芝川ビル。細部の装飾がマヤ・インカ風。